1. Googleマイビジネスの登録方法|初めてでも簡単にできる!

Googleマイビジネスの登録方法|初めてでも簡単にできる! | MEO対策なら格安で実績のある株式会社CIN GROUPへ

Googleマイビジネスの登録方法|初めてでも簡単にできる!

Googleマイビジネスの登録方法|初めてでも簡単にできる!

今回の記事ではGoogleマイビジネスの登録方法をご紹介します。

Googleマイビジネスを利用するためには欠かせない作業ですので、しっかりチェックしていきましょう。

また、あなたがこの記事を見ながら登録作業を進めていけるように、実際の手順まで掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

\ Googleのポリシーに沿った適切な運用 /

CIN GROUPのGoogleマイビジネス運用代行はこちら

Googleマイビジネスの登録作業を進める前に確認しておくべきこと

Googleマイビジネスの登録作業では、事前に確認しておくべきことがあります。それは、以下の二つです。

Googleマイビジネスに登録する前に確認しておくべきこと
・Googleアカウントを取得しているかどうか
・Googleマイビジネスに地点登録がされているかどうか

ここを確認しておかなければ、そもそもGoogleマイビジネスに登録できなかったり、店舗の情報が重複しユーザーの混乱を招いたりするおそれがあります。

そのため弊社では、初めてGoogleマイビジネスを利用する方には一度、上記二つのポイントをしっかり確認することをおすすめしています。

すでに確認済の方は「Googleマイビジネスに登録する際の手順」に進んでください。

それではチェックしていきましょう。

Googleのアカウントを取得しているかどうか

Googleマイビジネスを利用するためには、Googleアカウントを作成する必要があります。

そして、Googleアカウントを作成するときには、以下のどちらかのメールアドレスを用意しなければなりません。

①Gmailのメールアドレス
②その他のメールアドレス(yahooなど)

まだ取得していない方は、まずどちらかのメールアドレスを取得して、Googleアカウントを作成するところから始めましょう。

すでに個人や会社で「Gmailのメールアドレス」、もしくは「yahooなどのメールアドレス」を使用している場合は、この登録作業は必要ありません。個人と会社、どちらのメールアドレスでGoogleアカウントを取得するか選びましょう。

ちなみに弊社では、新規でメールアドレスを用意しようとしている方に対して、Gmailのメールアドレスを取得することをおすすめしています。

Gmailのメールアドレスを取得しておくと、Googleマイビジネスに限らず、Googleが提供しているほかのサービスも利用でき、とても便利だからです。

Googleマイビジネスに地点登録がされているかどうか

Googleマイビジネスには、すでに自分の店舗の情報が登録されていることがあります。なぜなら店舗の情報は、Googleが自動で登録したり、第三者でも容易に登録できたりするからです。

それに気づかず、Googleマイビジネスの登録を進めてしまうと、自分の店舗の情報が重複し、Google検索とGoogleマップにうまく表示されなくなります。

そのため、すでに地点登録がされているかどうかはきちんと確認しましょう。では、どのように地点登録の有無を確認すればいいのか詳しく見ていきます。

・地点登録の有無を確認する方法

地点登録がされているかどうかは、このような手順で確認できます。

1.Googleマップを開く
2.Googleマップの検索窓で「店舗名」+「地名」を入力し検索をかける
3.Googleマップに地点を示す「赤いピン」が出てこなければ登録されていない、赤いピンが出てきたら登録されている

実際の画面を見ながら説明します。

基本登録 1番目
↑【1】Googleマップを開きます。Googleマップが表示されたら、赤枠内の検索窓に「自分の店舗の名前」+「店舗が所在している地名」を入力して、検索にかけます。

基本登録 2番目
↑【2】検索後、Googleマップに赤いピンが立たなければ、地点登録はされていません。地点登録がされていなかった場合は、つぎの「Googleマイビジネスに登録する際の手順」に進み、Googleマイビジネスをつくりましょう。

一方、赤いピンが立った場合は、すでに地点登録されている可能性があります (画像赤枠)。この場合、そのままオーナー権限を取得すれば、そのGoogleマイビジネスの管理者として情報を修正できるようになります。

以下、オーナー権限の取得方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

・オーナー権限の取得方法

オーナー権限は以下の流れで取得します。

1.Googleマップを開く
2.Googleマップの検索窓で「店舗名」+「地名」を入力し検索をかける
3.Googleマップの画面で左側に出てくるパネルの情報をチェックし、自分の店舗をクリックする
4.店舗情報のなかにある「このビジネスのオーナーですか?」の部分をクリックする
5.すでにオーナー登録がされていたら、現在のオーナーにリクエストを出してオーナー権限を取得する。もし、オーナー登録がされていなかったら「電話」または「ハガキ」でオーナー権限を取得する

では、実際の画面を見ながら説明します。

基本登録 3番目
↑【1】地点登録を確認した時と同じように、まずはGoogleマップを開き、赤枠内の検索窓に「自分の店舗の名前」+「店舗が所在している地名」を入力します。すると、以下の画面になります。

基本登録 4番目
↑【2】地点登録がされていると、上記画像赤枠内に店舗名と店舗情報の一部が表示されているので、自分の店舗をクリックします。クリックすると、以下の画像のように、画面左側に店舗の詳細情報が書かれたパネルが出てきます。

基本登録 5番目
↑【3】この画像の赤枠内のパネルに表示される情報のなかに「このビジネスのオーナーですか?」という文言があるのでクリックします。

もし、オーナー登録がされていると、以下のような画面が表示されます。

登録済み(既に管理者がいる)

誰が現在のオーナーになっているかによって、このあとの手順が分かれます。少しややこしいですが、この手順どおりに進めればオーナー権限を取得できます。しっかり確認しながら進めていきましょう。

・知人(同じ会社の人)がオーナーの場合
→「権限を付与してもらう」または「リクエストを送って承認してもらう」

・知人ではない人がオーナーの場合
→「リクエストを送って承認してもらう」

全く知らない人がオーナーになっていると不安に感じますが、リクエストを送ってから3日間返事がなければ、新規でオーナー登録ができるようになります。落ち着いてリクエストを送り、じっくり待ちましょう。

また、リクエストについてはGoogleの不具合で、現在のオーナーに届かない場合がありますが、このときもリクエストを送ってから3日後に新規でオーナー登録ができるようになります。ですが、現在のオーナーの権限が外れることになるので、知人がオーナーであるなら「権限を付与してもらう方法」でオーナー権限を取得しましょう。

続いてオーナー登録がされていなかったときの対応ですが、この場合はとても簡単にオーナー権限を取得できます。オーナー登録がされていなければ、「このビジネスのオーナーですか?」という文言をクリックすると、以下の画面が表示されます。

未登録

「電話」または「ハガキ」のどちらかの確認方法を選び、オーナー確認をきちんと済ませ、権限を取得しましょう。

すでに地点登録がされている場合のGoogleマイビジネスの登録方法はこれで完了です。権限取得後、情報編集に取り組み、魅力的なGoogleマイビジネスをつくっていきましょう。

Googleマイビジネスに登録する際の手順

基本登録 6番目
↑【1】Googleマイビジネスのログイン画面を開き、上記の赤枠内「ご利用を開始」をクリックします。

基本登録 7番目
↑【2】この画面が表示されたら、「ご利用開始」をクリックします。

基本登録 8番目
↑【3】赤枠内「ビジネス名を入力してください」のところで、店舗名を入力します。正しく入力したら、緑枠内「次へ」をクリックします。

基本登録 9番目
↑【4】枠内「ビジネス所在地」で店舗がある「国」、「郵便番号」、「都道府県」、「住所」を入力していきます。入力後、緑枠内「次へ」をクリックします。

※青枠は、店舗在宅および無店舗型サービスの場合、チェックします。

基本登録 10番目
↑【5】赤枠内「ビジネス所在地」のマップで、店舗がある位置に「赤いピン」を設定します。ここで設定した赤いピンがGoogleマップで表示されるので、正確に位置を決めましょう。

基本登録 11番目
↑【6】続いては「ビジネスのタイプ」を決めます。ビジネスのタイプは、業種のことを指します。ここは、Googleマイビジネスであらかじめ設定されている業種の中で決めることになります。

基本登録 12番目
↑【7】たとえば、赤枠内の「ビジネス カテゴリ」で「飲食」と入力すると、カテゴリが表示されます(赤枠内)。ビジネスのタイプは、この中から選びます。

基本登録 13番目
↑【8】「連絡先情報の入力」では、店舗の電話番号とWebサイトのURLを登録します。この2つの入力が終わったら、緑枠「次へ」をクリックします。

基本登録 14番目
↑【9】「ビジネスの確認」が表示されたら、書いている文章を読んだ後に赤枠内「続行」をクリックします。

基本登録 15番目
↑【10】「確認方法をお選びください」で、確認コードを取得する方法を選択します。Googleマイビジネスの登録が初めての場合は、「ハガキ」での確認になりますので、「連絡先の名前」を入力して、「郵送」をクリックしてください。

基本登録 16番目
↑【11】「ハガキを郵送します」という画面が表示されます。赤枠内「リスティングをカスタマイズ」をクリックします。

基本登録 17番目
↑【12】「無料のWebサイトをプレビュー」という画面が表示されます。「すでにWebサイトを登録した」または「今は無料のWebサイトをつくらない」という場合は、赤枠「プレビューしない」をクリックし、この時に無料のWebサイトをつくりたい場合は、青枠「サイトをプレビュー」をクリックしてください。

Webサイトは、あとでつくることもできますので、今回は「プレビューしない」をクリックします。

基本登録 18番目
↑【13】すると、上記の管理画面が表示されます。ここまで登録できたら、あとはハガキで送られてくる「確認コード」を赤枠内に入力していきます(今はハガキの郵送手続きが完了していないため、「確認待ち」となっています)。

基本登録 19番目
↑【14】ハガキの郵送手続き後、上記の画面になりますので、「確認コードの入力」をクリックします。

基本登録 20番目
↑【15】すると、「コードを入力」という画面が表示されます。赤枠内にハガキに記載されたコードを入力し、緑枠「確認」をクリックします。

これで、ひとまずGoogleマイビジネスの基本登録が完了です。このような流れで登録作業を進めていけば、簡単にアカウントをつくることができます。

まとめ

Googleマイビジネスの登録が完了し、Google検索とGoogleマップに自分の店舗が表示されるようになったら、次はアカウントをよりよいものにしていきます。

そこで取り組むべきなのが、以下の2つです。

・基本情報の編集
・写真や動画の追加

アカウントをよりよくすることでユーザーに自分の店舗の魅力を存分にアピールできます。そして、それはユーザーの興味を引き出し、店舗の集客数を増加させることにつながります。

Googleマイビジネスの登録が終わった方は、ぜひこの2つのポイントもおこなっておくことをおすすめします。

\ つぎに読んでおきたい記事 /

Googleマイビジネスの編集方法|魅力的なアカウントにするためのポイントもご紹介

\ Googleのポリシーに沿った適切な運用 /

CIN GROUPのGoogleマイビジネス運用代行はこちら