1. 話題のMEO対策、弁護士や税理士が上位表示しやすい訳とは?

話題のMEO対策、弁護士や税理士が上位表示しやすい訳とは? | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

話題のMEO対策、弁護士や税理士が上位表示しやすい訳とは?

話題のMEO対策、弁護士や税理士が上位表示しやすい訳とは?

Web集客施策は様々な形で提供されており、日々新しいものが生まれるような勢いにあります。
そんなWeb集客施策の中でも最も注目されているのが、「MEO対策」です。

POINT!MEO対策とは、Map Engine Optimisationの略で、地図検索結果最適化という意味を持ちます。この地図検索とはGoogle Mapのことを表しており、ここに店舗情報を登録できるサービス「Googleマイビジネス」を最適化して露出度を高める対策がMEO対策です。

このMEO対策はほとんどの業種や業態で利用できるWeb施策ですが、その中でも集客しやすい業態が存在します。
今回は数ある業態の中でもMEO対策に相性のいい、弁護士や税理士についてご紹介します。

【目次】

    1. MEO対策で上位表示しやすい!?弁護士・税理士のMEO対策のススメ
      1. 地域密着のサービス
      2. 競合他社がほとんど対策されていない
      3. 対策できるキーワードが豊富にある
    2. 終わりに

MEO対策で上位表示しやすい!?弁護士・税理士のMEO対策のススメ

弁護士や税理士、社労士などいわゆる士業というカテゴリに属する業態はMEO対策に非常に相性がいいです。
弁護士や税理士がMEO対策しやすい理由とは何故なのでしょうか。
理由をご説明していきます。

地域密着のサービス

弁護士や税理士などのサービスを利用する方は、そのサービスを定期的に利用する可能性が高いです。強いこだわりや理由がない限りは住んでいる地域にオフィスを構えているところにサービスを申し込みます。

ユーザーは「地域名 弁護士」「地域名 税理士」というような検索をして自分が求めているサービスに見合ったところに問い合わせをしますので、MEO対策を行っていれば露出度は格段に向上します。

MEO対策は「ローカルSEO対策」という別名があります。
地域に関するキーワードを含めた検索結果の最適化を行い、「地域名 〇〇」という検索を行った際に自分の店舗情報を表示する集客手法です。そのため地域密着型のサービスである士業とMEO対策の相性は抜群です。

競合他社がほとんど対策されていない

士業はWeb施策を用いてインターネットで露出度を高めている事例は他の業種と比べると非常に少ないため、Googleマイビジネスを登録すればすぐに上位表示される可能性はあります。
Googleマイビジネスの情報をしっかりと登録し、適切な対策を施せば順位が急上昇することも夢ではありません。

対策できるキーワードが豊富にある

弁護士や税理士に関わるキーワードは「地域名 弁護士」「地域名 税理士」だけだと思われがちですが、実は数多く存在しています。
企業に属して税務や会計に携わりたい場合は「地域名 コンサルティング」、「地域名 コンサルタント」。弁護士に関連したキーワードでも「地域名 弁護」「地域名 法律事務所」「地域名 法律 相談」などが考えられます。

Googleマイビジネスではキーワードの組み合わせは基本的に自由です。「地域名 弁護士」や「地域名 税理士」のように検索数の多いキーワードで大量の集客を狙うことも、「地域名 法律 相談」のように検索数の少ないキーワードで着実な上位表示を獲得することも戦略の1つです。

終わりに

飲食店などとは違い、広告を出すことも少ない目立ち辛い印象のある弁護士や税理士。自社ホームページを持っていないケースも多いため、MEO対策を適切に行えば短期間で上位表示する傾向にあります。
スマホが普及したことにより、多くのサービスがインターネットを通じてやりとりされている昨今、Web集客施策が戦略の大きな鍵になる可能性は大きいです。

ご説明したとおり、現在は士業に関わる業種はブルーオーシャン化している市場ですが、今後の動きは誰にも予測することはできません。
MEO対策を既に着手している方はキーワードや戦略の見直し、まだWeb施策に着手していない方はこれを機に飛び込んでみてはいかがでしょうか。