1. MEOが他社で独占状態?自社も対策をしているのに表示されない理由は…?

MEOが他社で独占状態?自社も対策をしているのに表示されない理由は…? | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

MEOが他社で独占状態?自社も対策をしているのに表示されない理由は…?

MEOが他社で独占状態?自社も対策をしているのに表示されない理由は…?

SEOやリスティングは他社に独占されて、すべての表示が他社のものだけになっているということはなかなかありません。しかし、MEOでは対策している方も多くなかったり、対策のやり方がわかっていなかったりする方も多く、表示枠が独占されてしまうことがまれにあります。

そのようなときはどう対応したらいいのでしょうか?また、逆に自分のGoogleマイビジネスでMEOを独占することはできるのでしょうか?今回の記事ではそのようなMEOの独占状態についてご説明をいたします。

【目次】

    1. MEOが独占されるとどうなるか?
    2. マップの方には表示されるのに検索結果には表示がない場合
    3. なぜMEOの検索結果が独占されてしまうのか?
    4. MEOが独占されているときの対策は?逆に自分が独占する方法は?
    5. まとめ

MEOが独占されるとどうなるか?

「MEOが独占される」というお話をしましたが、MEOが独占されると検索画面の表示はどのようになるのかということを最初にお伝えします。以下画像をご覧ください。

この画像は「地域名+飲食ジャンル」で検索したときにでてくる画面です。右側に通称ナレッジパネルというものが表示されているのがおわかりいただけるでしょうか?

このナレッジパネルにとある店舗だけが表示されています。独占の状態でなければ、以下の画像のように複数店舗が候補として地図とともに表示されます。

マップの方には表示されるのに検索結果には表示がない場合

またユーザーが検索したときに表示候補となる店舗が1件のみの場合もナレッジパネルが表示されることが多いのですが、今回は以下の画像を参照ください。

これはGoogleマップ上でさきほどのナレッジパネルが表示された「地域名+飲食ジャンル」と同じキーワードでの検索画面です。

このように複数店舗があるにもかかわらずナレッジパネルに1つしか表示されない場合、そのキーワードは独占されていると考えられます。

なぜMEOの検索結果が独占されてしまうのか?

どうしてこのようにMEOの検索結果が独占されてしまうのかと言うと「それ以外のアカウントが検索結果に表示するほど充実していない」とGoogleが判断しているからと言うことが考えられます。

つまり、独占しているアカウントに比べると、それ以外のアカウントの対応が追いついていない状態ということです。

MEOが独占されているときの対策は?逆に自分が独占する方法は?

では、あなたのアカウントが狙っているキーワードで他社のアカウントに独占されてしまっていたら、対策としてどのようにしたらいいのでしょうか?こちらが表示されていない理由が情報が十分ではないということなら、情報を充実させるのがいいでしょう。多くの口コミを集まるようにしたり、サイテーションをもらったりすることも上位表示には有効です。

そのように上位に表示できるような施策を実行し、独占している競合アカウントに負けないGoogleマイビジネスのアカウントを作っていくことが重要です。そして、もしもこちらの方がいい順位につけたら、その施策の手を緩めることなく、さらに強化し、こちらが独占を目指すのもいいでしょう。

まとめ

MEOにはリスティングやSEOと違って、独占できる状態、独占されている状態というものが存在します。

もしもライバルアカウントに独占されている場合は、こちらも情報の充実を図り、上位に表示することを目指しましょう。自分のアカウントが独占できている場合には、情報をさらに充実させ、その状態を保てると集客を有利に行なうことができます。

検索結果内の独占状態というMEOならではのご説明にはなりましたが、結局のところ上位表示を目指すということには変わりがありません。しっかりと自社アカウントの情報を充実させて、上位表示を目指していきましょう!