1. Googleマイビジネスが2つある…重複アカウントの削除方法とは?

Googleマイビジネスが2つある…重複アカウントの削除方法とは? | MEO対策なら格安で実績のある株式会社CIN GROUPへ

Googleマイビジネスが2つある…重複アカウントの削除方法とは?

Googleマイビジネスが2つある…重複アカウントの削除方法とは?

新しくアカウントをつくったら、同じアカウントがもうひとつあった…。

Googleマイビジネスではそうした現象があらわれることも少なくありません。この現象はなぜ起こるのでしょうか。

今回はGoogleマイビジネスが重複する原因とその削除方法をご紹介します。

>>すぐに重複アカウントの削除方法を知る

Googleマイビジネスが重複する原因とは?

Googleマイビジネスの重複原因はおもに2つです。

アカウントの管理不足

Googleマイビジネスの運用ではアカウントの管理不足が原因で店舗情報が重複することがあります。たとえば、オーナーと店長が別々である場合。この場合、オーナーがGoogleマイビジネスを作成したことを知らずに、店長があらためてつくってしまうということがよくあります。

サイテーションサイトの情報が違って自動生成

初めてアカウントをつくるのに、すでにGoogleマイビジネスが存在するケースもあります。これはGoogleがサイテーションサイト(※)から自動で情報を取得し、Googleマイビジネスの情報を公開することで発生します。

※サイテーションサイトというのはあなたのビジネスのNAP(名前、住所、電話番号)情報が掲載されているサイトのことです。

もし、今までアカウントをつくっていないのに、Googleマイビジネスが存在していたらサイテーションサイトがあるかどうか確認しましょう。

そこにNAP情報があれば、それが原因でGoogleマイビジネスが生成され、重複している可能性があります。

重複防止につながる!アカウント管理方法

では上記の原因を事前に防止するためにはどのような管理をおこなえばよいのか見ていきましょう。

Googleマイビジネスの管理を徹底する

オーナーと店長が別々で共有不足によってGoogleマイビジネスが複数発生するリスクに対してはまず、アカウントの管理を徹底しましょう。

具体的には自社の人間同士できちんと共有をおこないましょう。これは決して特別な対策ではありません。しかし共有がなされていないことで重複が発生することも事実です。

Googleアカウントをつくったら必ず自社内で共有するようにしましょう。

あらかじめアカウントの有無を調べておく

Googleマイビジネスがすでに存在しているかどうかは調べてみればわかります。

やり方はシンプルです。GoogleマップやGoogle検索で自社の店舗名を検索します。このとき自社の店舗の情報が表示されたらアカウントがつくられている状態です。

一方、店舗の情報が表示されなければアカウントはつくられていないので、Googleマイビジネスに登録しても情報が重複することはありません。

なお、すでにアカウントがある場合、”オーナー登録”をおこなうことで、そのGoogleマイビジネスを管理できるようになります。

そのままアカウントのオーナー登録をおこない、Googleマイビジネスの運用に取り組んでいきたい方は店舗情報のなかに「ビジネスオーナーですか?」の文言があるか確認しましょう。そのうえで以下の記事を参考にオーナー登録を進めてみてください。

>>「ビジネスオーナーですか?」があった時にオーナー登録する方法

>>「ビジネスオーナーですか?」がなかった時の対処法

重複アカウントの削除方法

重複したGoogleマイビジネスの情報を削除したいときは、Googleが公式に提供している「重複したビジネス情報を削除または報告する」という機能を活用しましょう。

Google公式ヘルプ:重複したビジネス情報を削除または報告する

このページの内容に従って重複したアカウントを削除することで、Googleマイビジネスをひとつにすることができます。

しかし削除申請をしてもすぐに削除されるというわけではありません。完全に削除されるまでには多少の時間がかかります。

Googleに申請したあとは削除が実行されるまで待ちましょう。

Googleマイビジネスが重複していることのデメリット

Googleマイビジネスの重複にはおもに2つのデメリットがあります。

ユーザーの混乱を招く

アカウントの重複はユーザーが混乱する原因となります。

特に2つのアカウントで情報が異なる場合、ユーザーはどっちを信じればいいのかわからなくなり結果、別の店舗を訪問することになるかもしれません。

このような機会損失のことを考えると、アカウントは統一しておいたほうがよいといえます。

Googleからの評価が下がる可能性がある(MEO対策で不利になる)

Googleはユーザー重視を心がけてサービス提供をおこなっています。

そのためユーザーの混乱を招いてしまうようなアカウントは、評価対象にならない可能性があります。

もし、Googleから評価されなければGoogleマイビジネスの掲載順位にも影響が出ます。

この部分もアカウントが重複することのデメリットといえます。


アカウントの重複はユーザーの混乱を招いたり、Googleから評価されないリスクがあったりと、Googleマイビジネスの運用にマイナスの影響を与えてしまいます。

Googleマイビジネスの運用に取り組んでいく前に、このようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

まとめ

今回はGoogleマイビジネスが2つあるときの原因や対策、デメリットについてご紹介してきました。Googleマイビジネスが2つあることの悪影響は非常に大きいといえます。

アカウントの重複は比較的、簡単に解消できることが多いので、自社のGoogleマイビジネスが2つあったら改善に取り組んでいくことをおすすめします。

無料で販路拡大!
今話題のテイクアウトサービスはこちら