1. MEO対策とSEO対策の違い|今の時代、SEO対策よりMEO対策なのか?

MEO対策とSEO対策の違い|今の時代、SEO対策よりMEO対策なのか? | MEO対策なら格安で実績のある株式会社CIN GROUPへ

MEO対策とSEO対策の違い|今の時代、SEO対策よりMEO対策なのか?

MEO対策とSEO対策の違い|今の時代、SEO対策よりMEO対策なのか?

検索エンジンを活用したWeb集客といえばSEOだ。

そういわれるときもありましたが、今では必ずしもSEO対策だけに頼った施策が適切だとはいえなくなりました。

リスティング広告やMEO対策など、検索エンジンを活用した現在のWeb施策は多岐にわたります。

特にMEO対策は実店舗を持つ企業が積極的に取り組んでいる施策です。

しかしそんなMEO対策に関して「SEO対策とはなにが違うのか…」と疑問に感じている方も少なくありません。

そこで今回はMEO対策とSEO対策の概要から両施策の違い、取り入れるべき施策をご紹介。MEO対策とSEO対策の違いから、取り組むべき施策まで知りたい方はぜひ参考にしてください。

\ Googleのポリシーに沿った適切な運用 /

CIN GROUPのMEOサービスはこちら

MEO対策の概要

まずはMEO対策の概要から見ていきましょう。

一言でいうとMEO対策とはGoogleマップでの掲載順位向上を目指す施策です。

Google検索は地域に関連したキーワードが検索された際にGoogleマップの情報を表示させるしくみとなっています。

たとえば、「渋谷 居酒屋」と検索すると検索結果画面にGoogleマップと店舗が3つ表示されたボックスがあらわれます。

Google 検索 meo

MEO対策はこの3つの枠に店舗をランクインさせるためにおこないます。MEO対策に関しては以下の記事で詳しく解説しています。あわせてチェックしてみてください。

関連記事:MEO対策とは?そのメリットと具体的なやり方を徹底解説

SEO対策の概要

一方SEO対策はGoogle検索での掲載順位向上を目指す施策です。

MEO対策がGoogleマップでの掲載順位向上を目的とする施策なのに対して、SEO対策ではGoogle検索にインデックスされたWebサイトの掲載順位向上を目的とします。

Google 検索 seo

MEO対策とSEO対策はなにが違うのか?

では両施策にはどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

対策範囲が異なる

MEO対策はGoogleマップに表示される店舗の掲載順位の向上を目指す施策と説明しましたが、そのGoogleマップに店舗を表示させるためにはGoogleマイビジネスに店舗の情報を登録しなければなりません。

MEO対策はこのGoogleマイビジネスを対象に、さまざまな対策を実施します。一方SEO対策の対象はWebサイトです。まずここが両施策の相違点として挙げられます。

対策方法が異なる

また、対策方法が異なるところも両施策の違いです。

MEO対策とSEO対策にはともに内部対策と外部対策があります。ここは両施策とも同じです。

しかし具体的な対策のやり方が異なります。MEO対策の場合、内部対策と外部対策は以下のようになります。(一例)

▼MEO対策の内部対策
・Googleマイビジネスに漏れなく情報を入力する
・Googleマイビジネスに常に最新情報が掲載されているようにする
・特定のキーワードに対する関連性を高める
・ほか

▼MEO対策の外部対策
・ユーザーに口コミの投稿を依頼する
・サイテーションを設ける
・ほか

一方、SEO対策の内部対策と外部対策はおもに以下のようになります。(一例)

▼SEO対策の内部対策
・URL正規化
・サイト構造の適正化
・コンテンツ制作
・ほか

▼SEO対策の外部対策
・自然な外部リンクの獲得
・ほか

多くの場合、費用が異なる

MEO対策はSEO対策に比べて掲載順位を上げるためのリソースが少なく済みます。

SEO対策では多くの場合、SEOエンジニアやWebデザイナー、コーダー、ライターなどの人的リソースが必要になります。

しかしMEO対策ではSEO対策ほど人的リソースを使わずに済むことが多いです。それにより、MEO対策のほうが安価に施策に取り組むことができます。

一般的にMEO対策は3万円~。SEO対策は10万円~実施できることが多いです。

どちらの施策を取り入れるべきか?

基本的にMEO対策とSEO対策は同時に取り入れることがおすすめです。

繰り返しになりますが、MEO対策は「地域+業種」で検索したユーザーに効果的な広告・宣伝ができる施策です。しかしすべてのユーザーが必ずしもそのボックスに表示された店舗情報だけを見るわけではありません。

ユーザーのなかにはWebサイトが表示されている部分をチェックする人もいます。そこに自社の公式サイトが表示されていたらどうでしょうか。

より多くのユーザーに自社の店舗情報を見てもらうことができます。そのため、おすすめはMEO対策とSEO対策の両方を実施することなのです。

しかしながら費用や自社リソースの部分に課題を持ち、両施策を取り入れられないケースもあります。そんなときは自社の業種を考慮し、取り組むべき施策を考えるといいでしょう。

MEO対策は実店舗を運営している企業に最適な施策です。飲食店や整骨院、歯科医院、ドラッグストア、コンビニなどを運営している企業にとっては有効な施策となります。よってそれらの業種の企業がWeb施策をおこなうのなら優先的にMEO対策に取り組むとよいでしょう。

ではSEO対策のみはどうなのでしょうか。SEO対策は長い目で対策していかなければならない点、実店舗を運営している企業で比較的、短期間で結果を出したいときはおすすめではありません。

また、「地域+業種」キーワードの場合、検索結果1ページ目に表示されているWebサイトは、その多くが媒体です。このフィールドで自社の公式サイトの掲載順位を上げることは難しいと考えられます。よって実店舗を運営している企業がWeb施策でSEO対策のみを取り入れることは控えたほうがよいといえます。

とはいえ、キーワード選定によっては競合が少ない狙い目のフィールドがあることも事実です。そのため掲載順位の上昇の見込みが高く、かつブランド認知や集客につなげられそうなキーワードがある場合はSEO対策のみでも効果を期待できるかもしれません。

まとめ

MEO対策とSEO対策には明確な違いがあります。

その違いを踏まえたうえで施策を選ぶことが期待する成果を導けることにつながります。

ぜひご紹介してきたことを参考にしながら自社に最適な施策を取り入れてみてください。

\ Googleのポリシーに沿った適切な運用 /

CIN GROUPのMEOサービスはこちら

無料で販路拡大!
今話題のテイクアウトサービスはこちら