1. Googleが「Google for jobs(しごと検索)」機能を導入!

Googleが「Google for jobs(しごと検索)」機能を導入! | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

Googleが「Google for jobs(しごと検索)」機能を導入!

2019年1月23日に、Google検索で「Google for jobs(しごと検索)」(以下「しごと検索」と表記)が導入されました。

Google Japan Blogの内容

しごと検索とは

「しごと検索」とは、ユーザーが求人関連のキーワードで検索したときに、求人サイト企業の求人ページの情報を検索結果に一覧で表示する機能です。

PC検索とモバイル検索の両方に実装されています。

▼表示例(「転職」というキーワード)
【PC版】
転職PC版

【モバイル版】
転職モバイル版

弊社の調査では、「渋谷」というキーワードに求人関連のキーワードを加えて検索してみたところ、以下のキーワードで求人枠が表示されているのを確認しました。

  • 渋谷 求人
  • 渋谷 仕事
  • 渋谷 事務職
  • 渋谷 エンジニア
  • 渋谷 転職

これを見ても、やはり求人関連のキーワードでは、しごと検索がちゃんと表示されることがわかります。

求人情報の構造化データを実装することが条件

しごと検索は、あなたのWebサイトに求人情報の構造化データを実装すれば利用できます。

簡単に言うと構造化データとは、あなたのWebサイトに書かれている情報の意味を、検索エンジンのロボットなどが理解できるよう手助けするものです。

これを実装することで、検索エンジンはより有用な情報をユーザーに提供できるようになります。

構造化データは、スキーマオルグでマークアップできます。

schema.org

また、Googleがサポートしている以下のツールを使用すれば、あなたのWebサイトに構造化データが実装されているかどうかがわかります。

構造化データ テストツール

求人サイトへ影響は出るか?

しごと検索が導入された今、求職者は検索エンジンを通して、Webサイトへ訪問する機会が多くなります。

そのため、しごと検索で上位に表示されれば、求人サイトに掲載しているあなたの会社のページや、自社の求人ページのトラフィックが増える効果が期待できます。

実際に、「ZipRecruiter」という求人サイトは、しごと検索によって以下のような成功を収めたようです。

・Google検索からのコンバージョン率は他の検索エンジンに比べて3倍
・Googleオーガニック検索のコンバージョン率が以前の4.5倍に増加
・Google検索から求人ページにアクセスしたユーザーの直帰率が10%低下
・非ブランド キーワードの月間オーガニック トラフィックが35%増加

引用元:ZipRecruiter – Google の新しい求人情報検索機能を活用してコンバージョン率を4.5倍に増加

その一方で、ネット界隈では「しごと検索が求人サイトを凌駕する日も遠くないのでは?」という憶測も流れています。

活用方法によっては、「今の会社はググって見つけたよ」という日が訪れるのも、そう遠くないかもしれません。

弊社でも実装をテスト

弊社でも、しごと検索をテストしようと、求人情報の構造化データをWebサイトに実装しました。

今のところ、まだ検索エンジンにインデックスされていない?ようで、しごと検索に弊社の求人情報を確認できていません。

しごと検索の「ランキング要因」など、まだまだ明らかでない部分は多いです。今後もテストを続け、しごと検索の調査を進めていきます。

MEO、Googleマイビジネスについて

MEO、Googleマイビジネスについて疑問・対策依頼等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。