1. Googleマイビジネスを悪用した詐欺被害発生!あなたのお店は大丈夫?

Googleマイビジネスを悪用した詐欺被害発生!あなたのお店は大丈夫? | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

Googleマイビジネスを悪用した詐欺被害発生!あなたのお店は大丈夫?

先日の日本経済新聞のWeb版でGoogleマイビジネスを悪用した詐欺被害が発生していると報道されました。
引用:グーグルマップ悪用「振り込め詐欺」、アジアで被害増

その詐欺の手法はGoogleマイビジネスの一般ユーザーからの「情報の修正を提案」機能を利用したものです。

「情報の修正を提案」機能を利用するのは、Googleアカウントを持っている人なら誰でもできます。

Googleマップを開くと電話番号の下に「情報の修正を提案」というリンクがあります。
こちらをクリックすると情報の修正提案ができるようになります。

修正したいGoogleマイビジネス情報の「情報の修正を提案」をクリックすると、どのよううな修正なのかを選択する画面が表示されます。2種類の修正方法を選択できますが、それぞれは以下のような違いがあります。

POINT!「名前またはその他の情報を変更」:店舗の名前や電話番号、住所などGoogleマイビジネス情報の一部を修正する
「この場所を削除」:このGoogleマイビジネスが実店舗として存在しないなどの
理由によりGoogleマイビジネスを抹消する

「名前またはその他の情報を変更」をクリックすると、Googleマイビジネスを変更する
ページに移行します。このページで自分の直したい欄を選択し、任意に修正を提案することが可能です。


実際に「情報の修正を提案」を実行した結果です。今回は当社のGoogleマイビジネスのカテゴリを「マーケティングコンサルタント」から「レストラン」に変更してみました。

画像でもわかる通り、現在Googleが審査をしています。この段階ではまだカテゴリの変更はされていませんが、仮にこの審査が受理されてしまうと当社のカテゴリはレストランになります。

本来、この機能はGoogleマイビジネスに登録されている情報が実際に間違っていた場合、修正依頼をGoogleに提案するものです。Googleはこの修正提案を受けて、審査をした上でGoogleマイビジネスの情報が間違っていると判断した場合は修正します。

しかし、この審査も完全ではありません。

悪意ある組織的な修正依頼により、Googleが間違った修正の提案を受理してしまうことがあります。この間違った修正の提案が受理されてしまったことにより、今回のような詐欺被害が発生しております。

一般ユーザーもGoogleマイビジネスに登録されている情報は正しいと思い込んで電話を
かけてしまいます。この詐欺被害を防ぐためには、オーナーが悪意ある情報の修正を公開
しないようする心がけが必要です。

悪意ある情報の修正被害にあってしまった場合、一般ユーザーへの詐欺被害の可能性が
あることははもちろん、店舗の信用を大きく毀損することもリスクです。

Googleマイビジネスの管理は投稿されたコメントへの返信や投稿機能を利用した告知、
写真の投稿など、細かな対応が煩雑になりがちです。そして、対応や管理が疎かになってしまった結果、悪意ある情報の修正提案で一般ユーザーに被害が発生してしまったことが、今回の事件の原因のひとつといえるのではないでしょうか。

これを機にGoogleマイビジネスに登録しているオーナーは店舗情報を確認して、悪意ある情報の修正被害にあっていないか定期的にチェックするようにクセづけしましょう。

もしまだGoogleマイビジネスに登録していないオーナーがいましたら、まずは自分の店舗のGoogleマイビジネスを自分の店舗を登録するところから始めましょう。

登録方法についてはこちらをご参考ください。
参考サイト:初めてでも簡単にできる!Googleマイビジネスの登録方法!

MEO、Googleマイビジネスについて

MEO、Googleマイビジネスについて疑問・対策依頼等ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。