1. MEO TOP
  2. MEO Blog
  3. Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)操作マニュアル

Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)操作マニュアル | MEO対策なら格安で実績のあるCIN GROUPへ

Googleマイビジネスは「Googleビジネスプロフィール」へと名称が変わりました。

Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)操作マニュアル

Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)操作マニュアル

マイビジネスの運用をお考えですか?

紹介料0円で最適な代行会社を紹介します

サービスの詳細を見てみる

本記事では、Googleマイビジネス(以下:ビジネスプロフィール)の各項目の説明、おすすめの記載内容を解説します。ビジネスプロフィールの設定、修正を検討している方は、ぜひお役立てください。

タイトル

店舗に設置されている看板と同じ店舗名に設定することがすすめられます。看板に記載されている店舗名とアカウントのタイトルに差異があった場合、アカウントが使用停止になる可能性があるためです。地域名やキーワードが含まれている場合も停止の対象になるため、注意しましょう。

カテゴリ

カテゴリは

・メインカテゴリ
・追加カテゴリ

の2種類あります。メインカテゴリはひとつ、追加カテゴリはいくつでも設定が可能です。Googleの検索画面では、メインカテゴリのみが表示されるため、お店の営業スタイルに一番当てはまるカテゴリをメインに設定しましょう。

住所

ビジネスプロフィールに設定しているWebサイトと同じ形式で入力しましょう。半角の場合は半角、全角の場合は全角で登録することをおすすめします。また、ピンの位置もずれていないか確認してください。もし、間違っていた場合にはピンを正しい位置に動かして設定しましょう。

サービス提供地域の追加

宅配サービスなどをおこなっているお店は宅配可能地域を設定することができます。複数設定できるため、サービスを提供している地域をすべて登録しましょう。

営業時間

登録方法

①ビジネスプロフィールの管理画面にログインして「情報」ページを開く。

②「営業時間」から曜日の横にあるチェックボックスを「オン」にして時間を入力します。定休日を設定したい場合はチェックボックスをオンにせず「オフ」のままでOKです。

営業時間登録①

1日の中で複数の営業時間を設定したい場合は右側に出てくる「営業時間を追加」をクリックして枠を増やしましょう。

営業時間登録②

特別営業時間

通常の営業時間と異なるときに使用し、1日だけの営業時間を設定することが可能です。登録方法は通常の営業時間の設定と同様です。「5.営業時間」の項目を参考にしてください。

営業時間の詳細設定

通常の営業時間とは別に特定サービスの営業時間を設定できます。下記項目については業種やアカウントごとに異なる場合があります。登録方法は設定したい特定サービスを選択し、「適用」をクリックします。それ後の登録方法は営業時間の設定と同様です。

「オンラインサービスの提供時間」
「テイクアウト」
「ドライブスルー」
「ハッピーアワー」
「ブランチ」
「高齢者限定の時間」
「受け取り」
「宅配」
「注文可能時間」
「入店可能時間」

電話番号

複数設定可能です。使用頻度の高い番号を1番目に設定しましょう。

プロフィールの略称

略称を設定するとビジネスプロフィールの短縮URLを作成することができます。わざわざ店舗名で検索をしなくても、このURLさえあればすぐに店舗ページに飛べます。略称は32文字まで設定でき、年に3回変更が可能です。

登録方法

①略称を入力したら右下の適用をクリックしましょう。

略称①

②短縮URLがでてきたらコピーして使用してください。メールやSNSでも共有できるので、活用してみてください。

略称②

リンク

①Webサイト

一番メインのウェブサイトを設定しましょう。

②メニューリンク

メニューページを探す手間が省けるので設定しておきましょう。

③予約リンク

予約リンクを設定できますが、大手予約サイトのリンクは設定不可の場合があります。また、「Googleで予約」という機能があり、ぐるなびなどの予約サイトと連携することが可能です。ただし、予約サイトとの契約が必須となります。

メニュー/サービス/商品

メニューサービス欄は商品名、金額、商品説明を追加することが可能です。また、商品欄については商品名、金額、説明文に加えて商品写真も追加することができます。ユーザーがウェブサイトを見なくてもビジネスプロフィール上でメニューや商品を確認できるように追加しておきましょう。

属性

店舗で扱っているものやサービスを選択できます。クレジットカードの使用可否などユーザーがお店を選択する際の判断材料になりますので、しっかりと最新情報を提供しましょう。

登録方法

①1回クリックするとチェックが入り、「取り扱い〇」になります。

属性①

もう一度クリックすると「取り扱い×」になります。

属性②

さらにもう一度クリックすると何も選択していない状態に戻ります。

属性③

ビジネス説明文

お店の特徴を記載しましょう。最大文字数は750文字まで記載できますが、250文字以内を推奨します。文が長いと検索画面において「もっと見る」を押さないと全文表示されないからです。そのため、ユーザーが見やすいよう簡潔にお店の紹介をすることをおすすめします。また、金額等を記載するとアカウントが停止になる恐れがあるので、注意しましょう。

開業日

お店のオープン日を設定しましょう。これからオープンする場合も予定日を入力しておきましょう。

写真

①ロゴ写真

お店のロゴを設定しましょう。ロゴに設定した写真は以下添付画像のように店名の右側に〇マークで反映されます。

ロゴマーク

②カバー写真

カバー写真には店舗の魅力が伝わりやすい写真を設定しましょう。サイズは「最小解像度:縦 720 px 横 720 px以上」を推奨しています。上記よりサイズが小さいと反映されない場合があります。

外観・内観・スタッフ写真

ロゴ、カバーのほかにも写真を下記カテゴリ別に追加することができます。サイズは「最小解像度:縦 720 px 横 720 px以上」にしましょう。また、それぞれ下記カテゴリに分けて追加することでユーザーが写真を見つけやすくなります。

「オーナー提供」
「ユーザー提供」
「360」
「動画」
「店内」
「外観」
「食品と飲料」
「メニュー」

まとめ

ビジネスプロフィールを利用すれば、Google検索とGoogleマップに店舗の情報を表示できるようになることから、店舗の認知度アップや集客促進を期待できます。ですが、プロフィールの中身となる項目を正しく設定しなければ、ユーザーの混乱を招き、認知度アップや集客促進といった働きに悪影響を及ぼすリスクが高くなります。情報は正確に記載するようにしましょう。

マイビジネスの運用をお考えですか?

紹介料0円で最適な代行会社を紹介します

サービスの詳細を見てみる